子どもの学びのコト
学童
学び

中学受験が9割! 伸芽’Sクラブ大崎校に学ぶ、都会の学童のリアルとは?

中学受験が9割! 伸芽’Sクラブ大崎校に学ぶ、都会の学童のリアルとは?

公立小学校に通い中学受験を目指す子が9割という、他校とはちょっと違った特色を見せる品川区大崎にある伸芽’Sクラブの学童の大崎校に潜入取材。室長の阿竹先生にお話をお聞きしました。

私立と公立小の違い、人気の習い事、中学受験のホンネ、親が求めるものなど、都会派学童のリアルな姿をレポートします!

阿竹尚志先生
伸芽’Sクラブ学童 大崎校 室長 阿竹尚志先生
幼児から高校生までと幅広い生徒を教えた経験を持つ大崎校のカリスマ室長。親御さんに寄り添いながら、その子ならではの個性を見つけ、やる気を引き出す人気講師。

 

公立小が成績上位に続々ランクインする大崎校の子どもたち

全国の伸芽’Sクラブの学童の中で生徒数NO.1という大崎校。特徴としては、近くに私立小学校がないことから大半の子が近隣の公立小学校に通っています。私立の子は3割程度。だからといって他校よりも学力が低いか、むしろその逆だったりします。

親御さんが、伸芽’Sクラブの学童学校の学習をサポートする教育機関として利用されていたり、中学受験や内部進学対策の「ブライトキッズアカデミー」(算数・国語・英語)やピアノ、囲碁・チェス、キッズダンスなどを学童内で受講できる「プラスワン教育」を早くから受講する生徒が多いのもその理由です。

学童内での習い事を各々でしているので、一見まとまりがないようにも見えますが、昨年のドッヂボール大会では大崎校(2チーム)が1位と2位と団結力もばっちり。伸芽’Sクラブ主宰の漢字検定や学力テストでは大崎校の生徒が上位に数名ランクインと、有名私立小学校の子たちに引けを取らない学力も

遊びと学習のメリハリをもった指導をモットーにしているので、集中力はすごいんです。

その子を本気にさせるには、たった1回の成功体験の場合も多い

小学校低学年(得に男の子)はまだまだ子どもです。落ち着きがなかったり、学習習慣がなかなか身につかない子がいたりします。

でも、たとえば「チェスの大会で1位をとった」といった1度の成功体験で、ぐっと学習意欲が増し、見違えるような子になることも多いんです。そんなきっかけを探すのがなにより面白いですね。学習以外のこともどんどんチャレンジさせてその子を伸ばしてあげたいなと思っています。

大崎校1

大崎校の男の子に大人気の習い事は囲碁・チェス。ゲーム感覚でどんどんルールを覚えるそう。

大崎校2

女の子は個人レッスンのピアノも人気。課題曲に加え自由曲(この日は星野源の「恋」)を弾いていました。

大崎校3

宿題の時間の始めと終わりはきっちりとご挨拶。時間を意識した行動と学習習慣が身につきます。

未就学児は文字の練習よりも「約束を守らせる」習慣を!

小学校入学前に平仮名、カタカナが書けたり、簡単な計算ができたり…。もちろんそれらはできているに越したことはありません。でも、鉛筆を正しく持てていなかったり、正しい書き順で書けていない子が結構多く、それを直すのにはとても時間がかかります。

私はそれよりも、未就学児のお子さんにはしつけやけじめといった学習の土台をしっかり作ってあげることが大切なのではないかと思っています。

一番は“約束を守れる子”にしておくこと。もちろんそのためには親もウソをついてはいけません。簡単なようで難しいのですが、これができる子は小学生になってからの学習習慣が早く身につくように思います。

小学校低学年こそ、先取り学習で自信のつく子に!

学習習慣を身につけるのは1年生が勝負!公立小に通う子が多い大崎校は、学校の学童との併用がとても多いですが、1年生のうちはできるだけ週3回以上来てほしいとお伝えしています。

どうしても難しい場合はご家庭で1日20分でもいいから、机に向かう癖をつけること。「お正月で勉強しない日があると、なんだか気持ち悪い」とまで言わせれば、しめたものです。

とはいえ、宿題はやればいいというものではありません。丁寧な字で集中して取り組めるかがとても大事です。大崎校の場合は、たとえ答えがあっていても字が汚い場合は、できるまで何度も消してやり直しさせます。その繰り返しが小学校3~4年生以降、必ず生きてきます。

また、特に1年生では、宿題がほとんどなく成績も数値化されないという公立小学校もあります。そうなると、「何のために勉強をするのか分からない」といった疑問が湧いてくることもあるので、たとえばテストや漢字検定といった学習の目標をご家庭や民間学童で与えてあげることが意欲につながります。

いかがでしたか? 小学校に入ってからの先取り学習はその子の自信の貯金につながるんです、という阿竹先生の言葉が印象的でした。

年々加速する学童戦線は年中になったら本格的に動くのがポイント。気になった方はお早めに見学のお申し込みを!

▼民間の学童をご検討の方へ
伸芽’Sクラブの学童
中学受験を見据えた学習指導や送迎サービスも。

著者プロフィール

フリーランスのライター・エディター。出版社勤務を経て、現在は女性誌やライフスタイル、ママ向けのweb媒体などで活動。tend.jpでは、ママ目線を生かした子育てに役立つ情報を発信中。2015年に保育士資格取得。

300_250

フォローで最新情報をお届け!

関連記事

新着記事