ちょっと気になる受験のコト

受験合格者がやっていた、パパと子どものベストな関係性とは?

受験合格者がやっていた、パパと子どものベストな関係性とは?

子どもの受験、特に小学校、中学校受験など、早い時期の受験ほど、親の関わり方が大きく影響するでしょう。子どもの日々の勉強や塾については、母親が中心になって、サポートしているご家庭が多いかもしれませんね。ですが、受験となると、父親のサポートも重要な役割を担ってきます。では父親はどのように関わっていけばよいのでしょうか。

体を動かす事や何気ない会話でリフレッシュ

受験を決めた子どもは、毎日学校や塾の勉強に追われ、精神的にも「受験」という重荷を背負っています。時間的にも忙しく、気持ちも重苦しいことでしょう。

そのような時、気晴らしに、少しキャッチボールをしたり、サッカーをしたり、このあたりはやはりは、パパの出番でしょう。また何気ない世間の様子やスポーツの話題で会話するのもいいですね。特に体を動かすことは、運動不足もストレスも解消され、心も体もリフレッシュされるでしょう。

時には一緒に問題をゲーム感覚で、意欲アップ

受験に向かって、一人勉強する毎日は単調で、そして孤独なものです。時々、パパと一緒に問題をゲーム感覚で、時間や正解率を競争して解いてみるのも良いでしょう。

パパから「こんなにも難しい事やっているのか~」「おまえすごいな~」と言ってもらうことで、子どもは少々得意になったり、辛い勉強も楽しく感じたりするでしょう。そこでやる気や意欲をアップさせましょう。

パパと子の2人だけの時間を持とう!

受験が近くなると、塾からの帰宅時間も遅くなり、日曜祝日も塾へ行くことが増えます。その送り迎えはパパが担当するのもよいでしょう。ママの送り迎えの負担を軽減するだけでなく、日頃、接することの少ない子どもとの時間を持つことができます。

小学校受験でも、パパが学習状況を把握している(どこでつまづいているかなどの悩みも共有できている)家庭の方がいい結果を出していると聞きます。
塾の送迎に限らず、「休みの日のお風呂はパパと入る」とするのもいいでしょう。

パパと子の2人の時間で、日頃の様子や今の受験に対する気持ちなど、ママに話せない本音が聴けるかもしれない、貴重な時間となるでしょう。

母がイライラしている時は、父親が助け舟を出す

日々の勉強を見ているママは、どうしても子どもに「しっかり勉強しなさい」など「勉強」という言葉を口にすることが多いでしょう。そのような時、パパも「勉強」に追い詰めてしまわないことです。特に、「なんでできないの!」「○○ちゃんは、あんなによくできるのに!」など、NG言葉をママが言ってしまった時は、必ず助け舟を出してあげましょう。

わが子はわが子なりに頑張っていることを認め、褒めたり、「まぁ、いいじゃあないか」「○○はとても頑張っているよ」と子どもへのフォローと、ママの気持ちを落ち着かせてあげることです。この役割は、子どもや母親を精神的に追い詰めてしまわない、とても重要な役割です。

ママを支えることも重要なパパの役割

受験になると、子ども自身もそうですが、ママの負担も相当なものです。「受験生の親」を経験した者でないと分からない、と言ってもいいほど、想像以上に厳しいものです。勉強面だけでなく、健康管理、それに加えて、意外と受験ママ友とのお付き合いにも心労するでしょう。

憂鬱になったり、落ち込んだり、愚痴やイライラが出たり、時には精神的に不安定になることもあるかもしれません。パパの一番の役割は、そのママを支えることです。話を聞いてあげたり、励ましてあげましょう。

受験生を支えるパパが絶対にやってはいけないNG言動

子どもに対しての役割は「勉強」と「息抜き」分担するべきなのですが、受験に関しては、両親が一枚岩であることが鉄則です。例えば母親が一生懸命になっている受験に対し、父親が受験そのものを否定すること、それはよくありません。「お受験なんて、必要ないだろう」「中学は地元の中学へ行けばいいじゃないか」などの発言は絶対にやめましょう。

子どもは受験そのものに対し、やる気を失くし、また母親に対して不信感を持ったり、恨むことも起こりうるかもしれません。あくまでも両親で受験を応援し、サポート方法を分担するということを心がけておきましょう。

夫婦で力をあわせ、子どもの人生を応援しよう

わが家では、娘はインターナショナルの私立中高一貫校へ、息子は附属の国立中高一貫校を受験しています。そして娘は系列大学へ進学し、息子は国公立医学部へ進学しました。

娘はさまざまな国で暮らしてきた友人達と自由に青春を謳歌し、息子はスポーツを続けながら現役で医学部合学を果たしました。母親である私が主に勉強を誘導してきましたが、その陰には父親の影のサポートが大きな力となっています。

夫婦で力をあわせ、子どもの目標とする学校への入学、そして人生を応援してあげてください。

著者プロフィール
田宮 由美

  「順調に育っている子どもが、思春期になって心が折れ、引きこもりになってしまった。」という母親からの痛切な相談をきっかけに、それまでの教育現場での勤めを辞め、「子育てにおいて最も大切な事」を広める活動を始める。
幼児教室の指導者、公立・小・中学校でのさまざまな立場からの勤務を経て、2010年に独立。PHP出版「のびのび子育て」や奈良新聞社「小学生新聞」などに多数の執筆、幼稚園や教育委員会後援の講演会で講師を務めるなど現在は執筆、講演を中心に活動を行っている。 

著書に「子どもの能力を決める0歳から9歳までの育て方」(株)KADOKAWA出版。 
長男は現役で国公立医学部入学。  携わった仕事と自らの子育てをもとに行うアドバイスが、親と子の気持ちに寄り添い、実生活に落とし込んでいることで定評がある。

300_250
受験合格者がやっていた、パパと子どものベストな関係性とは?

この記事が気に入ったらいいね!をお願いします。

関連記事

新着記事