ちょっと気になる受験のコト
関東

ママたちが本当に知りたい、リアル合格体験記~慶應幼稚舎編~【後編】入学後のこと

ママたちが本当に知りたい、リアル合格体験記~慶應幼稚舎編~【後編】入学後のこと

小学校受験の最難関校、慶應幼稚舎に合格させた経験をお持ちのママさん2名による、「リアル合格体験記」。

後編では、気になる噂や合格後に直面したことについてお話を伺います。

▼前編はこちら
ママたちが本当に知りたい、リアル合格体験記~慶應幼稚舎編~【前編】受験準備のこと

<今回お話を伺った方はこちらの2名!>

Aさん:長男、長女ともに慶應幼稚舎に合格させた経験のある国立校出身のママさん。慶應の魅力を一言で言うと「心を育てる学校」。

Bさん:第二子妊娠中に長女を慶應幼稚舎に合格させたワーキングマザー。お父様、ご自身も慶應幼稚舎出身という生粋の慶應一家。

ワーママの落とし穴、学校の中には学童はありません!

Bさん
「これは完全に私の落ち度なのですが、受験まで必死に走り続けてしまい、入学後のことを考えていなかったんですよ。無事に合格させていただいたのですが、慶應幼稚舎には学童がないと知って…。合格後慌てて民間の学童に問い合わせるも人気なところは時すでに遅し。

下の子もいるので、両親とシッターさんを併用して乗りきっていますが、ワーママは合格後のこともきちんと視野に入れておくといいと思います。」

よく聞く、K組、E組、I組、O組の真相とは?

K組は親が慶應出身者、EとI組はサラリーマン、Oは開業医と親の職業や学歴でクラス分けをしているという噂も聞きますが、実際はどうなんでしょうか。

Aさん
「これは完全な噂です。ある年はたまたまI組に開業医が多かったり、O組に芸能関係の方が複数いるときもありますし、どう切り取るかなんだと思います。それよりは、通学の沿線が近い子が同じクラスになっているといった配慮の方がある気がしますね。

もちろん、大物政治家や女優さんのお子さんなんかもいますけど、幼稚舎からの子たちは幼馴染みという意識なのか、まったく気にしていないんですよね。あくまで自分たちの世界の人間関係なんです。中・高や大学から入学した子たちの方が、少なからず家庭のバックグラウンドを意識しているかもしれませんね。

とはいえ、サラリーマン家庭だから肩身が狭いなんてことは100%ありません! ただ、先生たちも特別扱いしていないので、たとえ超有名人の子でも基準に満たなければ終了(=退学)になりますよ(2回留年[現級停止]すると退学になるそう)。」

クラスによって授業の進め方も宿題も違うって本当?

小学校の6年間はクラス替えもなく担任も変わらないという慶應幼稚舎は、先生によって授業や宿題も全く違うんだそう。それで学力はキープできるのでしょうか?

Aさん
「担任の先生の方針で、それぞれ独立した学校のような体制になりますから、クラスによって宿題や授業の進め方は全く違います。とにかく宿題が多くて有名な先生もいれば、歴史の教科書でココはやりませんと×をつける先生もいます(笑)。

『学校のご門をくぐったら、先生たちがお父様お母様ですよ』の言葉通りに6年間教育してくださいますから、信じてついていくと言う感じです。もちろん中には合わなくて苦労する子もいますけど、他の一貫校と異なり、大学の附属ではない独立した学校なので、進学により全てリセットできます。

学力面で言うと、中学進学時に内部進学組と外からの受験組が混ざって学力差が出てきますが、1年もするとなくなってきます。内部進学組は学業成績の2極化があるのは否めないと思いますが、受験がない分、得意分野や勉強を先取りしたり資格を取得したりします。高校在学中に公認会計士の資格を得た方もいるようです。」

自分の意思で進学先を選べるのは幼稚舎組だけ!

一般的に“ぬるま湯”と思われがちな一貫校のメリットとデメリットについて教えてください。

Aさん
「もちろん、中学、高校と外部受験をしない方が多いので幼稚舎組はピリピリしてはいない分、“ぬるま湯”ととられることもあります。でも、その分部活や自分の好きなことに時間を費やせるんです。

さらに、意外と知られていないのが幼稚舎組だけ、進学先をすべての慶應の一貫校(※慶應はそれぞれの学校が独立しているので“附属”という位置付けはない)の中から選べるんです。

たとえば、テニスを頑張りたいから中等部(共学中)からSFCに行くとか、普通部(男子中)から高校はNY校に行って大学から日本に戻るとか。つまり、単純なエスカレーター式ではないので、自分で将来を選ぶ姿勢が自然と備わっていくんです。そこは幼稚舎だけのメリットと言えると思います。」

これから慶應幼稚舎を目指すママにアドバイスを!

Aさん
「幼稚舎ならではの絆は思春期を乗り越えるときにも、親としても大変心強かったです。兄妹2名とも慶應幼稚舎に通えてよかったと言っています。卒業してみて初めてよさが分かるようです。

合格=ゴールではなく、社会に出てから役に立つかというのも学校を選ぶ際に考えるといいと思います。お子さんのよさを引き出す指導をしてくださる先生に出会えることを祈っています。頑張ってください!」

Bさん
知識を埋め込むのではなく、引き出すという視点で子どもと向き合うことが大切だと思います。親から指示をするのではなく、何をするにも『どうしたい?』と日頃から聞くようにするなど小さなことの積み重ねです。

特に働くママは自分を責めたりイライラしたり本当にメンタルが大変になることもあると思いますが、ときに息抜きをしたり家族に頼ったりして、少しでも楽しめる工夫をして乗りきってください。」

忘れちゃいけないお受験&面接ルックの注意点!

最後に、親子のお受験&面接ルックの着こなしや選び方について、慶應義塾横浜初等部の制服デザインも手がけられた(株)コージアトリエの渡辺陽子さんにポイントをお聞きしました。慶應幼稚舎には面接試験はありませんが、他校を受けられる際の参考に!

「これを着たから合格、不合格という基準は明確にはありませんが、相手に失礼のない服装、自分が着ていて気持ちがいいかどうかを大事にしてください。

最近では、ジャケットの下のワンピースにデザイン性があるもの(小物次第でフォーマルワンピにも使える)産後に無料のお直しができるマタニティ向けと、お受験スタイルも多様化しています。

皆と一緒ではなく、着ていて素敵だなと思えるスーツを選ぶ楽しみはママの息抜きにもなるかと思います。当日は子どもの準備で手いっぱいになると思いますので、ご両親の格好は早めにしっかりと用意しておいてください。」

最新の面接スタイルはこちら

 

いかがでしたか。知られざる慶應幼稚舎の実情が少しはお分かりいただけたでしょうか。

子どもの「好きを伸ばして個性にする」。これは受験に関わらず子育てママには共感できる言葉だなと身に染みました。

著者プロフィール

フリーランスのライター・エディター。出版社勤務を経て、現在は女性誌やライフスタイル、ママ向けのweb媒体などで活動。tend.jpでは、ママ目線を生かした子育てに役立つ情報を発信中。2015年に保育士資格取得。

300_250

フォローで最新情報をお届け!

関連記事

新着記事