子育てのコト
【連載】理想のパパになる!

ママ必見!今どきパパが失敗しがちな叱り方&子どもを伸ばす4つの叱り方【理想のパパになる 第5回】

ママ必見!今どきパパが失敗しがちな叱り方&子どもを伸ばす4つの叱り方【理想のパパになる 第5回】

子どものしつけのために行われた叱り方が、行き過ぎていたため、大きな事件となったのは記憶に新しいと思います。

日常の生活の中で、子どもを叱らなくてはならない場面は、どうしても出てきますね。そのような時、どのように叱れば、いいのでしょうか。

パパが失敗しがちな叱り方とは

男親はどうしても厳しくなりがちです。特に同性の息子に対しては、過度に厳しくなることも。ですが、恐怖で支配しても根本的には何の解決にはならない、ということを忘れないでください。

「怖いから」「厳しい罰があるから」パパの目の前ではおとなしくしていても、見つからなければ大丈夫、という発想が生じてきます。また「厳しい罰」は、どんどんエスカレートしていく恐れもあります。

「叱る」ということは、子どもの行為に対して、注意、指導をするために行われるのであって、親のいら立ちや感情をぶつけて「怒る」こととは異なります。そのことをまずは念頭に置き、次に理想の叱り方を考えてみましょう。

一度「今、本当に叱るべき?」かを考えて

子どもを叱る前に、その言動は本当に「叱るべき」なのか振り返ってみましょう。

「いつもガミガミ、子どもを怒鳴っている」と、感じている親は結構多いようです。ですが、子どもを叱らなければならない場面というのは、日常の中でそんな多くはないと私は思っています。

おおまかに言って、子どもを叱るべき場面は次の2つのみと思ってよいでしょう。

1.自分の身に危険が及ぶ行為をしたとき

道路に急に飛び出した時、アイロンやポットなど熱いものに触ろうとした時などは、しっかり「危険」であることを伝え、注意する必要があります。

2.人に迷惑をかけたり、傷つけたとき

  • 公共の乗り物の中で騒ぎ、周囲の人の迷惑をかけた時
  • 公園ですべり台を待っている時に、順番を抜かして先に滑ろうとした時
  • 友達の持っているおもちゃを無理やり取り上げ、自分が遊ぼうとした時

など、人に迷惑をかけたり、嫌がること、傷つけることをした場合は、相手の痛みを説明し、強い口調で子どもの目を見てしっかり叱りましょう。

子どもを伸ばす4つの叱り方

1.具体的に叱る

「8時を過ぎてもテレビを見ていることがいけない」「おもちゃを乱暴に投げて、壊したことがダメなこと」と、行為を具体的に指して叱りましょう。

2.即、その時に叱る。過去のことを持ちださない

「昨日も弟を叩いていたでしょ!」「先週、学校の帰り、寄り道していたでしょう!」などと、その時叱らず、時間が経過してから思い出したように叱ったり、過去のことを持ちだし、いつまでもしつこく言ったりしない。その時、すぐに叱ることが大切です。

3.態度、表情、口調全て一致させて集中して叱る

親が何かをしながら叱ったり、真剣さが伝わらなければ、効果が激減します。叱る時は、態度も一致させ、親も叱ることに集中しましょう。

4.「いけない」理由をきちんと説明して叱る

頭ごなしに叱るのではなく、なぜ叱っているのか、なぜいけないことなのか、きちんと理由を説明して叱りましょう。

「あなたはダメな子ね!」「あなたのこと嫌い!」と子ども自身を否定するような言葉を言わず、どういう言動、行為がダメで、どのようにすればいいのか、具体的に示してあげてください。

ママとパパどちらかは一歩引いて見る役に

ひと昔前までの日本では、「父親は怒ると怖い存在」、「母親はかばってくれてくれる優しい存在」というような父性と母性のイメージが定着していました。ですが昨今は、厳しくしつけるママに対し、「それくらい、いいだろう」と甘いパパ、という家庭も増えてきています。

どちらでも各家庭の状況でOKだと思いますが、大切なことは、両親ともに子どもを責めない、ということです。そうなると、子どもは居場所がなくなります。

どちらかが叱れば、どちらかは「今度から危ないことは止めような」「もう、弟が嫌がることはしないわよね」と、声をかけることが大切です。

パパとママで連携を図りながら、上手に子どもを伸ばす叱り方をしたいものですね。

▼【連載】理想のパパになる
第1回「短い時間でも子どもの心にパパの存在感を刻み込むマジックワード」
第2回「プロ直伝!2歳までの新米パパが陥りがちなNG子育てとは」
第3回「遠くの自然より近所の公園!パパにしかできない外遊びを極めよう」
第4回「理想の父と娘の関係とは?パパが涙する娘の成長を感じるとき」

著者プロフィール
田宮 由美

  「順調に育っている子どもが、思春期になって心が折れ、引きこもりになってしまった。」という母親からの痛切な相談をきっかけに、それまでの教育現場での勤めを辞め、「子育てにおいて最も大切な事」を広める活動を始める。
幼児教室の指導者、公立・小・中学校でのさまざまな立場からの勤務を経て、2010年に独立。PHP出版「のびのび子育て」や奈良新聞社「小学生新聞」などに多数の執筆、幼稚園や教育委員会後援の講演会で講師を務めるなど現在は執筆、講演を中心に活動を行っている。 

著書に「子どもの能力を決める0歳から9歳までの育て方」(株)KADOKAWA出版。 
長男は現役で国公立医学部入学。  携わった仕事と自らの子育てをもとに行うアドバイスが、親と子の気持ちに寄り添い、実生活に落とし込んでいることで定評がある。

300_250

フォローで最新情報をお届け!

関連記事

新着記事