人気記事ランキング

No.1
ママが知っておきたい、子どものYouTubeに潜む4つの危険とは?
子育て

ママが知っておきたい、子どものYouTubeに潜む4つの危険とは?

最近、子どもがスマホやタブレットで、YouTubeの動画を繰り返し見ている光景が多くなりました。ある調査によると、子どものなりたい職業の3位に「ユーチューバー」がランクインしたそうです。 無数の楽しい動画がいつでも見ることができるYouTubeは、子どもの強い興味を引くことでしょう。そんなYouTubeは子どもにどのような影響を与えるのか、考えてみましょう。 知っておきたいYouTube に潜む4つの危険 その1 視力が悪くなる YouTubeを長時間見る...

No.2
【プロ直伝!今どき男の子の育て方】ママが陥りやすいNGワードとは?
子育て

【プロ直伝!今どき男の子の育て方】ママが陥りやすいNGワードとは?

「女の子のお友達はじっとしているのに、なぜうちの子は落ち着きがないの?」 「どうしてママの言うことを聞いてくれないの?」子育て中のママなら誰しも悩むもの。 今回は、幼児教育のプロである伸芽会の飯田先生に、「ママが陥りやすいNGキーワード」や、「男の子の心に響く話し方」をレクチャーいただきます。これを読めば、きっと日々の子育てが少し、楽になるはずです。 飯田道郎先生(伸芽会教育研究所 所長) 子どもの目線に寄り添い、一人ひとりのやる気スイッチを引き出す人気...

No.3
「怒る」と「叱る」は違う!子どもを傷つけずに効果的に叱る6つの基本ルール
子育て

「怒る」と「叱る」は違う!子どもを傷つけずに効果的に叱る6つの基本ルール

親は我が子のことを真剣に考えるあまり、つい感情的になり、怒ってしまうもの。しかし、イライラした感情をそのままぶつける「怒る」と、子どもの成長を思って「叱る」のでは全く違います。今日は、子育て心理学から見た「怒る」と「叱る」の違い、そして、ポジティブ心理学ベースの効果的な叱り方についてご紹介します。 「怒る」と「叱る」の根本的な違い 「怒る」とは、怒り手の感情を外に爆発させること 「叱る」とは、相手によりよい方法を教示すること 似ているようで...

No.4
くじびきで決まる!? 国立小学校受験の実態とは?
受験

くじびきで決まる!? 国立小学校受験の実態とは?

11月~12月といえば、国立小学校の受験シーズン。“小学校受験なんて縁がない”と思っていた人の中にも、通える範囲に国立小学校があったりすると、“チャンスがあればダメもとでも受けてみたい”と思う人もいるのではないでしょうか。 私立小学校に比べて、その実態がなかなか見えにくい「国立小学校受験」について、気になることを伸芽会の牛窪基久先生にうかがいました。 牛窪基久先生(伸芽会教育研究所 情報室室長) 受験指導歴35年。楽しいお話しでお子様や保護者から親しまれる人気教師。...

No.5
2016年名門幼稚園入試の現状を徹底解剖!3歳以下のママ必見「はじめての園選び」
受験

2016年名門幼稚園入試の現状を徹底解剖!3歳以下のママ必見「はじめての園選び」

幼稚園といっても、有名附属幼稚園から小学校以降に受験を見据えた受験幼稚園、公立の幼稚園から認定こども園とさまざまです。 そこで、先日行われた伸芽会主宰のmaveセミナー「はじめての園選び&2016年名門幼稚園入試」をレポートします。 伸芽会の佐藤眞理先生による「わが子の園選びと幼稚園受験の現状」、さらに「名門幼稚園に合格した家庭の体験報告」まで。受験する・しないに関わらず3歳以下のお子さんをもつ親御さん必見です! 佐藤眞理先生(伸芽会教育研究所 主席研究...

No.6
幼児期で差がつく!算数が得意な子になる育て方
子育て

幼児期で差がつく!算数が得意な子になる育て方

分数の割り算、関数…と聞くだけで、「算数苦手~」と顔をしかめたくなるママも多いのではないでしょうか。親が苦手意識を持っていたら、将来子どもが算数を好きになるのは難しいですよね。 そこで、幼児のうちから遊びや生活の中に取り入れるだけで「算数が得意な子」になるコツを伸芽会の飯田先生に教えていただきました! 飯田道郎先生(伸芽会教育研究所 所長) 子どもの目線に寄り添い、一人ひとりのやる気スイッチを引き出す人気教師。男の子の指導に定評があり、これまで3,000人以...

No.7
【お受験ママのホンネに迫る!覆面座談会:前編】未知の世界!マザーゲームさながらの幼稚園受験
受験

【お受験ママのホンネに迫る!覆面座談会:前編】未知の世界!マザーゲームさながらの幼稚園受験

春からお受験を目指す、もしくは冬から受験準備を開始したばかりという方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、有名私立小学校に通う3人のママさんに、お受験にまつわるあれこれをぶっちゃけトークしてもらいました。 【前編】「未知の世界!マザーゲームさながらの幼稚園受験」と【後編】「幼稚園&小学校の一貫校は小1の壁がない!?」の2本立てでお届けします! <参加メンバー>   子どもを私立小学校に通わせるママ3名 Aさん 女の子のママ。お子さんの性格は「好奇心旺盛な活...

No.8
子どもにいつからスマホを持たせますか?
子育て

子どもにいつからスマホを持たせますか?

生まれたときからスマホが当たり前の今どきな子どもたちは、2,3歳児でも楽々とYou Tubeを自分で操作できてしまうほど…。小学生でのスマホ所持率は約3割という調査も出ています(内閣府H25年度調査)。 年々加速するスマホ利用の低年齢化。便利ではあるけれど、子どもには不安な面もたくさんありますよね。ここでは「子どもたちのインターネット利用について考える研究会」(http://www.child-safenet.jp/)の調査報告を基に、改めて子どものスマホ利用について考えて...

No.9
0~2歳は10回のぐずり期で賢くなる!オランダで発見された「メンタルリープ」とは
子育て

0~2歳は10回のぐずり期で賢くなる!オランダで発見された「メンタルリープ」とは

「赤ちゃんは成長の過程で、ある決まった時期にぐずりやすい」という事実があることをご存知ですか? 欧米ではすでに広く知られていて、あるデータによるとオランダやドイツでは94%の親が知っているのだとか。 その「ぐずり期」の存在を広めたのが、オランダのプローイュ博士。今日は、博士が発見した「ワンダーウィークス」という不思議な週齢についてご紹介したいと思います。 赤ちゃんの“訳わからない泣き”には、実はちゃんと訳がある! 「ワンダーウィークス」とは、赤ちゃんが生まれ...

No.10
ママたちが本当に知りたい、リアル合格体験記~慶應幼稚舎編~【後編】入学後のこと
受験

ママたちが本当に知りたい、リアル合格体験記~慶應幼稚舎編~【後編】入学後のこと

小学校受験の最難関校、慶應幼稚舎に合格させた経験をお持ちのママさん2名による、「リアル合格体験記」。 後編では、気になる噂や合格後に直面したことについてお話を伺います。 ▼前編はこちら ママたちが本当に知りたい、リアル合格体験記~慶應幼稚舎編~【前編】受験準備のこと <今回お話を伺った方はこちらの2名!> Aさん:長男、長女ともに慶應幼稚舎に合格させた経験のある国立校出身のママさん。慶應の魅力を一言で言うと「心を育てる学校」。 Bさん:第二子妊...