子育てのコト

お風呂で子どもを伸ばす入浴法とは!~毎日の入浴タイムを有効活用~

お風呂で子どもを伸ばす入浴法とは!~毎日の入浴タイムを有効活用~

日中はまだまだ残暑厳しい時季ですが、朝夕は気温が下がり、秋の気配を少し感じさせられますね。

そろそろお風呂で、湯船につかると、ほっとするのではないでしょうか……。

入浴は身体衛生のためだけでなく、親子のコミュニケーションを深めたり、学習の場としても、昨今注目されています。

お風呂場は、集中できるベスト空間

お風呂場は、通常お部屋より狭い空間で、テレビやゲーム機など気の散るものがありません。ですので何かを覚える、考えるなど集中してできるでしょう。

例えば、親子で一緒に数字を数えたり、掛け算の九九を唱えたりするなど、暗記するのに集中できます。

深まる親子のコミュニケーション

お風呂場では、お互いの言葉が、より深く心に届くでしょう。それは狭く、他に気の散るものがないという物理的な面だけでなく、お湯に浸り、気持ちがリラックスしているという精神的な面からも、効果は高まります。

心身共に密接な関わりができ、親子のコミュニケーションも深まるでしょう。

行動の自立を促すひとり洗いの練習

身体や髪の毛を子どもが一人で洗えるように練習させることは、行動の自立を促すとてもよいチャンスです。まず腕やお腹など洗いやすい部位から、一人で洗うことを始めてみましょう。

髪の毛を一人でシャンプーできるようになった時には、子どもは「できた!」という喜びと大きな達成感を味わうことでしょう。

入浴中の行動を褒めることは、子どもを伸ばすことに必然的に繋がる

入浴中の行動の自立を褒めることは、伸びる子どもへと必然的に繋がります。

例えば、一人でシャンプーができた時、「わ~!ひとりで洗えるようになったのね。よく頑張ったね」と褒めてあげてください。

・(その時)すぐに
・具体的なことを指して
・過去の本人と比べて

頑張った過程を褒めることが、自然に子どもを伸ばす褒め方になっているのです。大好きなママ、パパに褒められたことは、大きな喜びとさらなる意欲に繋がります。心をこめて、頑張ったことを褒めてあげましょう。

親子の限られた時間を楽しく有効に使いましょう

日々の入浴は、一日の生活の中では短い時間ですが、毎日繰り返されるものです。その積み重ねは大きな時間となり、子どもの心身に影響を与えるでしょう。子どもは成長とともに、一人でお風呂にも入るようになります。

親はその限られた時間を上手に活用し、親子共に楽しめて成長できるお風呂タイムにしたいものですね。

著者プロフィール
田宮 由美

  「順調に育っている子どもが、思春期になって心が折れ、引きこもりになってしまった。」という母親からの痛切な相談をきっかけに、それまでの教育現場での勤めを辞め、「子育てにおいて最も大切な事」を広める活動を始める。
幼児教室の指導者、公立・小・中学校でのさまざまな立場からの勤務を経て、2010年に独立。PHP出版「のびのび子育て」や奈良新聞社「小学生新聞」などに多数の執筆、幼稚園や教育委員会後援の講演会で講師を務めるなど現在は執筆、講演を中心に活動を行っている。 

著書に「子どもの能力を決める0歳から9歳までの育て方」(株)KADOKAWA出版。 
長男は現役で国公立医学部入学。  携わった仕事と自らの子育てをもとに行うアドバイスが、親と子の気持ちに寄り添い、実生活に落とし込んでいることで定評がある。

300_250

フォローで最新情報をお届け!

関連記事

新着記事