子育てのコト
【連載】ワーキングマザーという選択

ママたちの深刻なストレスにどう対処する?【ワーキングマザーという選択 第2回】

ママたちの深刻なストレスにどう対処する?【ワーキングマザーという選択 第2回】

自分のキャリアと家族の健康管理、子どもの将来…。SHINGA FARMでは多忙な日々を送るワーキングマザーの現状と両立の秘策をさぐるべく、さまざまな専門家にお話を伺っていきます。

連載第2回となる今回は、2015年9月に開催されたmave(まーぶ)セミナーでの講演「ワーキングマザーという選択~その時考えるべき子どもの心理とは~」より、お茶の水女子大学基幹研究院教授 菅原ますみ先生に働くママが抱える様々なストレスへの対処法や、リアルなお悩みにお答えいただきます。

連載第1回「ママが働いていることは、子どもの発達にマイナスか?」はこちら

菅原ますみ(お茶の水女子大学基幹研究院 教授)
国立精神・神経センター精神保健研究所地域・家庭研究室長を経て、2006年より現職。子ども期のパーソナリティの発達や精神疾患などの不適応行動の出現に影響する環境や、家庭や教育・保育施設・メディアや居住環境など広範囲な要因について研究する。「個性はどう育つか」「保育の質と子どもの発達」「ママというオシゴト」「子ども期の養育環境とQOL」など著書多数。

予想以上に深刻なママの“子育てストレス”をどう解消する?

仕事と家事、育児の両立。現代のママは予想以上に深刻なストレスを抱えがち。
異世代サポーター(祖父母、年配女性の子育て支援者)や専門サポーター(保健センター、児童館、保育園など)、ピアサポーター(同じ境遇にいるママ友)などを上手に利用して心の健康を保ちましょう!

今のストレス状態をチェック!

(〇が5個以上ついたらストレスが溜まっている状態です。少しでもリフレッシュする時間を心掛けましょう)

ちょっとしたことでイライラする
冗談をいうことが減った
気分が沈みがちである
最近睡眠不足である
普段気にならないことが気になるようになる
将来を考えるゆとりがない
何事にも無関心になることが多い
やる気が出ない
すぐ疲れる
リラックスできない
肩こり、頭痛が続く
便秘または下痢が続く
食欲がない
常にストレスを感じる

子どもが感じる家庭の居心地のよさ=パパとママが一緒にいて楽しそうかどうか?

菅原先生の研究チームによる追跡調査から、子どもが0歳の時に父親が子育てにどう関わるかが、その後に大きく影響するとか。

0歳の頃に育児に参加して子どもとかかわらないと、パパと子の愛着関係もうまく成立せず、ママの負担ばかりが増え、その結果、奥さんからパパへの愛情度も低下していくという負の連鎖が生まれてしまうというのです。

子どもが感じる家庭の居心地のよさ(「のびのびできる」「あたたかい」「ほっとできる」など)は、「パパとママが一緒にいて楽しそうか」と影響していることも分かっています。

子育て期は夫婦の相互サポートが必要不可欠です。
以下の3つのことを忘れずに!

  1. お互いのプライベートな時間や活動を確保しよう
  2. お互いに「ありがとう」「ごくろうさま」とねぎらい認めあえる関係を作ろう
  3. 外部サポートの有効活用も含めて、何をどんなふうに分担するかしっかりと決める

家事育児の夫婦分担はワーキングマザーにとって大きな、でもなかなか答えの見えない問題です。
そして、そんなイライラは子どもにも大きく影響してしまうんですね。

さらに、「パパとママのどちらが保育園に迎えにいくか」など夫婦で重要な事項を決める際は、決して感情的にならずに、ビジネスライクに爽やかに決めていくのがポイントだそうです。

こんなときはどうすればいい?ワ―ママQ&A

最後に、ワ―ママならではのリアルなお悩みにアドバイスいただきました。

Q1:出産前と比べてどうしても仕事のクオリティが下がってしまう。どうモチベーションや時間を確保すべき?

A1:子どもが小さいうちは仕方ありません。この時期は割り切って、「細く長く、それでも続けていられることが重要」と考えましょう。
全ての仕事に完璧な結果を求めずに「これだけは」と一点集中主義で。またネガティブになるのは疲れている証拠。考えすぎずに思いきって休むことも大事ですよ。

Q2:仕事柄、私の出張が多いのですが、そんなときママはどんなことを気をつけたらいい?

A2:出張が多い場合はスカイプなどを利用してママの気配をできるだけ感じさせて。寂しがるかもしれませんが、何日後に戻ってくるというパターンが分かれば子どもは慣れます。
それと、お母さんが申し訳ないという気持ちをひきずらないこと。帰ってきたらしっかり愛してあげて

Q3:兄弟二人をどうしても同じように関わってあげられず、最近下の子が甘えてこない気がします。大丈夫でしょうか?

A3:平等に接したいと思っても、忙しいママにとって難しいときもありますね。
でも、下の子には最強の遊び相手、お兄ちゃんがいますから、お兄ちゃんと過ごす楽しさで満たされていることもあります。
ただ、兄弟それぞれを主人公にしたママと二人きりの時間も作ってあげて!

 

予想以上に深刻なママの“子育てストレス”…。皆さんはどんな解消法をお持ちでしょうか?

前回もお伝えしましたが、ママが子どもと過ごす時間の長さは子どもの成長にマイナスにはなりません。
しかし、ママのイライラ、特に夫婦関係におけるストレスは子どもも敏感に感じ取ってしまいます。赤ちゃんの頃から、パパに子育てにどう参加してもらうかがカギといえそうです。

ストレスにがんじがらめになる前に、周囲の人や保育機関を上手く頼って、心の健康を意識して保つことも大切。
信頼できる保育のプロと一緒にいい関係を築きながら、パパの自信も上手に育てつつ、ワーキングママはイキイキと子育てできたら理想的ですよね。

連載第3回「2016年のキーワードは「ほったらかし」!? 今どき“ラク家事”家電の選び方」はこちら

著者プロフィール

フリーランスのライター・エディター。出版社勤務を経て、現在は女性誌やライフスタイル、ママ向けのweb媒体などで活動。tend.jpでは、ママ目線を生かした子育てに役立つ情報を発信中。2015年に保育士資格取得。

300_250

フォローで最新情報をお届け!

関連記事

新着記事