子どもの学びのコト
学び

3才が勝負です!子どもの話す力を伸ばす3つのポイント

3才が勝負です!子どもの話す力を伸ばす3つのポイント

2,3才になって、だんだんとおしゃべりも上手になってきた我が子。さてここから本当の「話す力」を伸ばすために、何が必要なのでしょう?伸芽会・幼児英才教育局の佐藤眞理先生にうかがいました。

佐藤眞理先生
佐藤眞理先生(伸芽会教育研究所 主席研究員) 
幼児教育指導歴40年。子どもの潜在的な力を引き出す指導と的確なアドバイスで、有名小学校や幼稚園に多数の合格者を送り出している。著書に『伸芽会式 子どもを伸ばす家庭教育「5つの力」』(講談社)。

ただのおしゃべりとコミュニケーションは違います

「家ではよくおしゃべりするんですよ」とお母様方は言いますが、聞かれたことに答えられなかったりお友達との会話ができなかったりということがよくあります。言葉を話し始める時期は個人差があり、人に興味があるかないかも人によって違います。
けれど、人に興味を持つことが、コミュニケーションの始まりです。2才の後半には、情感や情緒も育ってきて、「好き」「嫌」などといった意思表示が出てきます。思ったことや感じたことを外に出して、何らかの反応を得ることで子どもはまたひとつ成長していきます。何かを話したらきちんと答えが返ってくる楽しさを感じさせることが必要です。3才になると物事を説明したり「貸して」「いいよ」もできるようになり、お友達との関係が変わってきます。2才はまず聞くこと、3才は話すことができるようにしていきたいですね。

先取り、聞き流し…話す力が伸びないNGパターン

よくあるパターンでは、子どもの言いたいことを先取りをしてしまうこと。どちらかというと女性のほうがせっかちなので「こう言いたいのね」と先に言ってしまいがちです。教室でクレヨンを忘れた子のお母さんが「クレヨン貸していただけませんか?」と聞いてくることがありますが、これではNG。子どもから忘れて困ったから貸してほしいと自分の言葉で言えるように仕向けていきましょう。
また、聞き流すこともよくないパターン。一方通行のやり取りでは、人の気持ちはわからないままです。難しいことではなくて、子どもが「きれいなお花だね」と言っていたら、「本当にきれいね」と共感を示してあげることが大切です。お話をしない子はシャイだったり、めんどうくさいと思っている場合もあります。話をすることが楽しいと思えるようになるには、まずはお母さんが聞き上手になることですね。人と気持ちを通わせるベースができてくるのが3才です。

絵本も上手に使ってみよう

絵本のなかには、いろんな表情をしている子が出てきます。そんなときこうお話してみましょう、「どうして笑っているのかな?」と。
最初はうれしい、たのしい、おもしろいという区分けができなくても、5才くらいになると言えるようになります。絵本を見ながら「この子は何で笑っているのかな?」「どうして泣いているのかな?」と考えさせることで人の気持ちを考えることができるようになります。
3才では、生活とつながっている絵本を選んでほしいと思います。絵本で、自分の経験しないことを考えさせていくことも大事です。他人の気持ちに気付いたり目を向け始める3~4才という時期には、よりたくさん絵本に触れさせたいですね。

著者プロフィール

ママ向けファッション&ライフスタイル誌などを中心に活動中の30代半ばのライター。3才の男児の母。

300_250

フォローで最新情報をお届け!

関連記事

新着記事