ちょっと気になる受験のコト

運動の成功体験で学力もUPする! 話題の「お受験体操」とは?

運動の成功体験で学力もUPする! 話題の「お受験体操」とは?

筑波大学附属小学校の“クマ歩き”に代表される「お受験体操」。最近では、私立小学校や幼稚園の受験などでも指示行動のひとつとして「運動」が試験に出題されるようになりました。

では、一体どんなことをして何を見ているのか。学生時代に体操部で本格的に器械体操に取り組んでいた伸芽会の大村先生にお話を伺いました。

受験をする、しないに関わらず幼児期に伸ばしておきたい運動能力や、家の中でも鍛えられる親子体操も必見です!

試験に出る「お受験体操」一体何をするの?

筑波大学附属小学校の“クマ歩き”は代表的なお受験体操課題のひとつですが、慶應義塾幼稚舎のサーキット(平均台や跳び箱など複数の運動を組み合わせた障害物競争)のような運動課題は最近増えてきましたね。

上手に早くゴールすればいいのではなく、学校側は待っている時の姿勢やお友達との関わり方、やったことがなかったり出来なくてもチャレンジしようとする気持ちなどを見ています

「かけっこを見ればその子の運動能力が分かる」とおっしゃっていた校長先生もいらっしゃいます。指示行動に含まれる運動課題は「先生の話を聞いて言われた順に自分で判断して行動する」という小学校で学習する上でとても必要な要素が含まれているんです。

未就学児の場合、かけっこをスタートして周りが止まったらつられて止まってしまう場面がよくありますが、そんな中自分で判断して最後まで走り切れる子が合格に違いのだと思います。

小学校だけではなく、白百合学園幼稚園の手押し車など幼稚園の試験でも運動課題は出題されることがあります。2歳になればスキップやケンケンなどの運動を遊びの中に取り入れていくことをおすすめしますね。

“できた”の成功体験を積み重ねると学力もアップする

スキップもケンケンも縄跳びも鉄棒も、初めから上手にできる子はいません。何事も練習あるのみです。

よく幼児教育の中で大切なこととして成功体験と言われますが、それは運動だと目に見えるので、より分かりやすくなります。「前転ができた」「上り棒ができた」そんなときは、思い切り褒めてあげてください。

そうした成功体験を積み重ねると、子どもは自信を持ちやる気に満ち溢れてきますので、学力がぐんと伸びることも少なくありません。特に運動が好きな男の子などには効果的だと思います。

練習中に親が絶対に言ってはいけないNGワード

先ほどもお伝えした通り、お受験体操で身につけたいのは「間違えてもやりきる折れない心」「できなくてもチャレンジする前向きな心」「やればできる!という自信」です。

親御さんはどうしても、できない所に目がいってしまうので、「もっとこうすればできるのに」「なんでできないの?」と言ってしまいがちですが、これはNGワードです。

まだできない場合でも「さっきよりも足が高く上がってよくなってるよ!」など、よかった所を探して褒めるのが伸びるコツです。

また、比較するのは他の子ではなく過去のわが子!というのも忘れないように。「〇〇君はもう跳び箱が飛べるのに…」など他人と比較するのではなく、過去の自分(わが子)と比較するようにしましょう。

運動上達のカギは自分を客観視することです。最近は、スマホを使って手軽にビデオや動画を撮れるようになりましたから、それらを使ったり鏡の前で練習してみてください。言葉で伝えるのではなく視覚で伝えると子どもは理解しやすいです。

ふらふらしたり姿勢が悪いのは筋力が足りないせいかも!?

幼児の男の子に多いのですが「ふらふらしない!」「よりかからないで!」と親御さんに注意されている場面をよく見かけます。これらは無意識で行っている場合もありますが、実は腹筋や背筋といった筋力が不足して体のバランスが取れていないせいかもしれません。

公園でもボール遊びができなかったり、マンションだと家の中で思い切り飛んだり走ったりできないといった住宅事情もあり、今どきの都会の子どもたちは運動不足になりがちです。ぜひ、自宅でも柔軟体操や腹筋・背筋をお風呂上りに取り入れてみてください。

まずは3回、10回と無理せずやっていくと、あっという間に身体がやわらかくなり、姿勢もよくなるはずです。

また、一流スポーツ選手は幼少期に裸足で過ごしていたという方も多いのですが、子どもは足の裏から三半規管や運動を司る小脳を刺激すると言われていますので、家の中や可能な場所ではぜひ裸足遊びも取り入れてあげるといいでしょう。

【家でもできる基礎体力アップ術~お手軽腹筋~】

レベル1

まずはひざの裏を掴んで起き上がるだけでOK。3回、5回と増やしていきましょう。

DSC_5405

レベル2

次は両手をクロスして腹筋。このとき、「お腹に力が入る」ことを意識させてください(意外と、お腹に力を入れるという意味が分からない子が多いです)。

DSC_5404

レベル3

最後は頭の後ろに手を組んでの腹筋。これができるようになるとだいぶ体幹も鍛えられていると思います。腹筋は日常生活やあらゆる運動の基礎になります。ぜひ楽しみながら取り入れてみてください。

DSC_5400

いかがでしたか?「お受験をするしないに関わらず、鉄棒、縄跳び、水泳、球技など何でもいいのでひとつ得意なものを作っておくと、小学校に入ったときに新しい環境でも自信が持てるはず。特に男の子はドッヂボールが強いと一目置かれる存在になれますので、お父さんと一緒にボールを投げる練習してみてください」という大村先生のお話が印象的でした。

▼関連記事
国立小学校受験対策も!? 体操で頭も体もできる子になる
水泳、体操、バレエにダンスetc. スポーツ系の習い事、何歳からどうやって始めるべき?

著者プロフィール

フリーランスのライター・エディター。出版社勤務を経て、現在は女性誌やライフスタイル、ママ向けのweb媒体などで活動。tend.jpでは、ママ目線を生かした子育てに役立つ情報を発信中。2015年に保育士資格取得。

300_250
運動の成功体験で学力もUPする! 話題の「お受験体操」とは?

この記事が気に入ったらいいね!をお願いします。

関連記事

新着記事