ちょっと気になる受験のコト
受験

うちの子はできている!?名門校に合格した子どもたちの共通点5つ

うちの子はできている!?名門校に合格した子どもたちの共通点5つ

「受かるのは、どんな子なの?」小学校受験を考えている人にとって、名門校に合格する子どもの特徴は気になるところだと思います。
そこで今回は、難関小学校合格者の方々への取材で分かった、合格者に共通する特徴をご紹介します。

1. 総合力がある

「受験」という言葉のイメージから、ペーパーテストの対策ばかりを重視してしまう親御さんが多いです。しかし、合否はペーパー、行動観察、個別テスト、面接などを総合して判断されます。偏りなく能力を持っている子どもが受かります。

2.実践力がある

総合力が身についた上で、出題形式に慣れていることも共通点として挙げられます。学校ごとに出題形式は微妙に異なるため、学校ごとの頻出ポイントをおさえ、実践する力があるかどうかがポイントです。

3.論理的思考力がある

合格する子は、自分の言葉でものごとをよく考えています。「なぜ?」「どうして?」と子どもは聞いてきますよね。
聞かれた時は面倒くさいからとないがしろにせず、一緒に考えたり調べたりすることで、考える力を伸ばすことができます。

4. 自信がある

堂々と自分の意見が言えることもポイントの一つです。
元気よく挨拶し、周りに流されずに自分の意見をハキハキと言うことできる子は、大人が見ていても気持ちがいいものですよね。

5.協調性がある

4と矛盾するようですが、自信をもって行動できるだけでなく、周りを見て行動できることも大切です。どんなに自信があっても、目立ちたくても「自分が自分が」という気持ちでいる子どもは見抜かれてしまいます。
人の話をきちんと聞いて受け答えができること、他の子達と協力する場面では協力するという姿勢が大切です。

ここに挙げた点は、特別なことではなく、社会生活をする上では基本的でとても大切なことばかりです。しかし、そういった基本的なことを徹底するのが意外と難しかったりするもの。あなたのお子さんはどうでしょうか?

著者プロフィール

子ども一人ひとりの個性に向き合う教育を実践。勉強ぎらい、成績不振の子どもの指導を得意とする。著書に「うちの子なんとかなりませんか?勉強嫌いを克服して30点上げる7つの方法」(ごきげんビジネス出版、2014年)など。

300_250

フォローで最新情報をお届け!

関連記事

新着記事