子育てのコト

小学校入学までに身につけておきたい10のこと

小学校入学までに身につけておきたい10のこと

子どもには、成長に沿った発達があり、その能力を身につけるのに、最も適した時期があります。豊かな人間性を育み、確かな学習能力の基礎を固める為にも、次に記す10項目は、小学校入学までに、身につけておきたいものです。

① 規則正しい生活リズム

毎日のバランスの摂れた食事、適度な運動、トイレの習慣、あいさつ、身だしなみを整えることなど、この時期に身につけたいですね。これらはご両親の努力次第で、習慣化され、身についていくでしょう。

② 素直な心

指導者や親の言ったことを素直に聴き入れる子どもは、何事においても伸びていきます。幼い頃から「はい」と返事する習慣をつけましょう。

③ 聞く力

生きる力の基本となります。新しい知識や情報を吸収するだけでなく、人への思いやりへも通じます。

④ 見る力

聞く力同様、基本となる力です。そのモノが形を変えても本質が見えるように、先ずはしっかり丁寧に観察することから始めましょう。

⑤ 考える力

指示待ちではなく、自ら考えることが大切です。試行錯誤したり、物事の状況に応じて工夫したりする遊びから培っていくのがよいでしょう。

⑥ 巧緻性(こうちせい)

指先の器用さは、脳の発達にも繋がります。折り紙やクレヨンを使う遊びはもちろん、ペットボトルの口からドングリやビー玉を入れる、ヒモ通しをするなど遊びの中で高めていくことが効果的です。

⑦ がまんする力

社会に出るとルールを守ることが基本になります。それには、がまんすることも必要となってきます。公園でブランコや滑り台の順番を待つことなどから身につけていきましょう。

⑧ 協力する気持ち

今は、「チーム力」が重要視されています。お友達と力を合わせて何かを作って遊んだり、家族で話し合って、物事を決めるなどの習慣をつけておきましょう。

⑨ 感動する心

感動する心が、「知りたい、学びたい」という気持ちに繋がり、行動の原動力にもなります。太陽が沈む様子、夜空の星、草花、また飛んでいる飛行機などさまざまなものに、ご両親が先ず感動し、子どもにそのすばらしさを気づかせてあげてくださいね。

⑩ 向上する意欲

能力を高めていく為には、自分自身を向上させたいという意欲が大切です。「もっと知りたい、もっと上手くなりたい」という気持ちは、簡単なことから挑戦し、「できた!」という達成感を持たせることがカギを握ります。

著者プロフィール
田宮 由美

  「順調に育っている子どもが、思春期になって心が折れ、引きこもりになってしまった。」という母親からの痛切な相談をきっかけに、それまでの教育現場での勤めを辞め、「子育てにおいて最も大切な事」を広める活動を始める。
幼児教室の指導者、公立・小・中学校でのさまざまな立場からの勤務を経て、2010年に独立。PHP出版「のびのび子育て」や奈良新聞社「小学生新聞」などに多数の執筆、幼稚園や教育委員会後援の講演会で講師を務めるなど現在は執筆、講演を中心に活動を行っている。 

著書に「子どもの能力を決める0歳から9歳までの育て方」(株)KADOKAWA出版。 
長男は現役で国公立医学部入学。  携わった仕事と自らの子育てをもとに行うアドバイスが、親と子の気持ちに寄り添い、実生活に落とし込んでいることで定評がある。

300_250

フォローで最新情報をお届け!

関連記事

新着記事