• ホーム
  • 子育てのコト
  • 【知っておきたい都会のママ友ルール 第2回】楽しくも憂鬱な(?)ホームパーティ編
子育てのコト
子育て

【知っておきたい都会のママ友ルール 第2回】楽しくも憂鬱な(?)ホームパーティ編

【知っておきたい都会のママ友ルール 第2回】楽しくも憂鬱な(?)ホームパーティ編

前回大好評だった「都会のママ友ルール」の第2回は、ママたちにとって楽しくも憂鬱な(?)イベントのひとつホームパーティ編。もうすぐやってくるクリスマスパーティなどで失敗しないようしっかりチェックして!

▼第1回はこちら
知らないと危険!?新米ママが知っておきたい“都会のママ友ルール”

ドラマで話題のタワマン編から戸建編、幼稚園編、保育園編とカテゴリー別でご紹介します。

タワマンあるある「便利なようで恐ろしいパーティルーム」

最近のタワーマンションには、貸切可能なパーティルームがついているところが多くあります。「家に呼ばなくて便利!」と思いきや、実際は…

  • 保育園で子どもが「明日パーティなの」と言いふらしてしまい、呼ばれてない子が号泣
  • 貸切とはいえ出入りや隙間から様子が見えるので、「〇〇ちゃんと△ちゃんママたち、集まってたよ」とあとでなぜか知れ渡っている
  • 大きな声で話していたことが実は声がもれていた。うかつに噂話もできない

などなど。共有施設というのは周りに見られているということなんですね。ドラマの世界のようなトラブルも起こりかねませんね…。

戸建ママを悩ます「どの家でやるか問題」

マンションとは違い、戸建ママの悩みはホームパーティを開催する場所。

  • 暗黙で新築や広い家のおうちに集まることが多いのですが、汚されたり物を壊されたりとホスト側は正直ヒヤヒヤ
  • その場では言わないのに、あとで「あそこのお宅、意外と狭かったわね~」「家具が全部IKEAだったわね」など噂の対象になることも
  • おしゃれママのお宅で開催したとき、あるママが「これいらなくなったらお下がりちょうだい!」と、その子の服やおもちゃを予約していて場が凍った

といった話も。家の中をあれこれ物色されることがあるなんて!仲良しの数人ならまだしも、5人以上(親子だと10人以上)ともなるともう収集がつきませんよね。

セレブ幼稚園ママ「それってオーガニック?」

時間とお金に余裕があるママが多い専業主婦(幼稚園)ママたちのホームパーティのルールを聞いてみると、

  • 毎度パーティに向けた話し合いの場がもたれ、「会費1500円は高い!」だの「食材はオーガニックがいい」「手作り料理を分担しよう!」だの言いたい放題で何もまとまらず、いつも最後は険悪になる
  • 特にお誕生日会が大変。今どきは招いた側が来てくれた子にお土産を用意したり、事前に渡すプレゼントがかぶらないか(金額や中身)を確認し合う場があったりする(泣)
  • お誕生日会に一度行ったら自分もやらなくてはいけないので、3年間毎回用事を作って逃げ切った!

という強者ママも。子どものためなの会なのか、よくわからなくなってきますね。

保育園ママのホンネ「食べ物は持ちより!が一番怖い」

忙しいワーママは「負担をかけない」のが基本!

  • できるママ(発起人)がまるで仕事のようなパーティの概要をグループLINEで送ってくれる。参加・不参加ボタン、返事の〆切日、費用はいくらなどが分かりやすいし、さっぱりしていて楽!
  • 週末に「時間と場所だけ決まっていて、食べ物はもちより!」というラフな会が一番多いのですが、この持ちよりが実は怖い。自分たちの分だけお弁当を買ってくる人もいれば、鍋ごと手料理を持ってくる人、手作りケーキを小分けラッピングで用意してくる人など。「家にあったから~」のレベルが違いすぎて焦った。

など。はじめて参加する会では、でしゃばらず無難に過ごすことが大切なようですね。

最後に、カテゴリーは違えど、共通して合った意見がこちら。

気楽に集まれるのは2歳まで。3歳を過ぎると何でも話してしまうので、トラブルになることを考えると自宅で仲良しの子とひっそりか、全員参加のオフィシャル行事になってしまう」

「どうしてもやる場合は、誰にも会わないようなちょっと遠いお店で開催するのが無難

安易にSNSで写真をアップしてタグづけする人がいると絶対もめる

子どもたちにとっては楽しいホームパーティは、ママの世渡り術が試される修業の場と割り切った方がよさそうですね。

著者プロフィール

SHINGA FARM(シンガファーム)編集部です。ママ・パパに役立つ子育て、教育に関する情報を発信していきます!
Twitter、Facebookも更新中!ぜひフォローください♪

300_250

フォローで最新情報をお届け!

関連記事

新着記事