• ホーム
  • 子育てのコト
  • 【都会のママ友ルール第7回】保育園VS幼稚園ママに聞いた、夏休みに心配なことランキング
子育てのコト
子育て

【都会のママ友ルール第7回】保育園VS幼稚園ママに聞いた、夏休みに心配なことランキング

【都会のママ友ルール第7回】保育園VS幼稚園ママに聞いた、夏休みに心配なことランキング

子どもたちにとっては天国のような(!?)1ヶ月、さてママたちには…? キッズウィーク構想も持ち上がってきたところで、夏休みまっただ中の今、保育園児VS幼稚園児ママの「あるある」な夏休みの心配ごとをランキング形式でご紹介します。

幼稚園&保育園ママが抱える夏休みの悩みとは?

長過ぎる!と言われる幼稚園の夏休みに比べ、保育園の休みはお盆のみがほとんど。されど、パパママの仕事の都合で夏休みならではのお悩みが出てくるようです。幼稚園・保育園それぞれで見てみましょう。

~幼稚園ママ編~
1位 毎日の遊ぶ予定
2位 お昼の用意
3位 家が片付かない

「やっと幼稚園に預けられたと思ったらあっという間に夏休み。しかも一ヶ月半ほどある」(4才のママ・文京区)

「幼稚園の間は水遊びも泥んこ遊びもやってくれていたのに、家で何をしたらいいかわからない。外は暑すぎて乳幼児連れはきつく、とはいえ家では何時間もつぶせず結局出かけて日焼けしていく…」(5才&1才のママ・足立区)

「毎食お弁当を持たせていたほうが、全部食べてきてくれるので正直楽だった。毎回昼食を用意して食べさせるのがこんなに大変だったとは。つい外食してお金がとんでいく」(5才のママ・文京区)

「幼稚園にいる短い間だけでも掃除ができていたけど、片付かなくなりそう」(小1&4才のママ・町田市)

「休みが長いから義理の実家に長くいるよう言われているけど、お姑さんもいるし正直いろいろ大変」(5才のママ・港区)

お友達に会えないのは子どももイヤみたい。習い事をさせたほうがいいのか悩む」(6才&4才のママ・新宿区)

「旅行は夏休みのうちにと思うとどこも高い。保育園の友達は休みをずらしてとったりしていてうらやましい」(5才&3才のママ・葛飾区)

など。毎日の遊びに困って、長期間帰省するという人が目立ちました。

~保育園ママ編~
1位 両方の実家に帰省する日程調整
2位 夫婦の休みが合うかどうか
3位 旅行の予約をする時間がない

親が夏休みをとらなければ子どももない。とはいえお盆は休む親が多く、保育園には全学年で8人という日も。ちょっとかわいそう」(5才のママ・江東区)

「土日に夏ならではの予定(プール、海、キャンプなど)を盛り込もうと頑張るけど、7月と8月でも週末は8回しかない。ママは仕事の合間に必死に予定を組み、予約をし、2か月前から夏の予定をぎっしり。風邪をひかないかヒヤヒヤ…」(6才&2才のママ・世田谷区)

毎年どちらの実家にどれだけ孫を連れて帰省するかでモメる。短い休みなので、両方帰っていると休みなのに体を休める暇がなく、いつも前後に誰かが風邪をひく」(3才のママ・港区)

「夫婦ともに普通の会社員で休みは土日だけ。休みらしいことをしようと思うとどこもとても混んでいて憂鬱」(2才のママ・練馬区)

「幼稚園の友達は、魅力的なサマースクールなどいくつも通っていてうらやましい」(6才のママ・世田谷区)

と、長い夏休みは楽しみもある半面、憂鬱感をうったえている人が多い様子…。特に幼稚園ママからの悲鳴がたくさん聞こえてきます。

幼稚園、保育園の夏休みのココが魅力的!

夏休みは辛いだけではないはず…。お次は幼稚園、保育園ママのココが魅力的!というメリットをまとめました。

~幼稚園のメリット~

「夏休みは時間がたっぷりあるので、興味があった習い事に挑戦する期間にしています」(幼稚園・6才のママ・文京区)

「英語系の塾に興味があり、長時間の預かりもしてくれるので、夏休みの間、幼稚園のかわりに使おうかなと考え中!」(5才のママ・千代田区)

サマースクールに通わせたり、キャンプに参加させるなど夏休みならではのことを積極的に楽しむ幼稚園ママも。どうせ休みが長いなら、思い切って普段と違うことにチャレンジする機会にしてもいいですね。

~保育園のメリット~

「生活のリズムが崩れないのはいい!とはいえ、通勤や移動時に同い年くらいの子を見かけると、世間は夏休みかーとちょっぴり申し訳ない気にもなったりしますが。」(保育園・5才のママ・世田谷区)

「夏休みはどこも混んでいるのであえて休みをとらず、9月にずらして保育園を休ませ旅行に出かけてます。旅行代金が安くなるのがありがたい」(保育園・5才のママ・江東区)

「毎日のようにプールや水遊びをしてくれるのは本当にありがたい。自分で毎日プールに連れて行くのは絶対に無理!プールの日は疲れて早く寝てくれるし。先生たちに感謝しきりです。」(保育園・3歳のママ・中央区)

確かに、生活リズムが崩れず、まとまった休みがとれたときは思い切り家族で楽しむ、というメリハリは保育園ならではかもしれませんね。

わが家も都内の幼稚園預かり保育を利用しています。毎日固定で預ける人は数が少なく、夏休みの保育内容に若干不安を覚えていますが、預けるしかないというところ。サマースクールなど、カリキュラムがしっかりしているところにお願いするのも手かなと思いました。

みなさんは今年の夏休み、どう過ごしますか?

▼知らないと危険!?都会のママ友ルール
第1回「知らないと危険!?新米ママが知っておきたい“都会のママ友ルール”」
第2回「【知っておきたい都会のママ友ルール】楽しくも憂鬱な(?)ホームパーティ編」
第3回「二度とやりたくないVSやってよかった!謝恩会を成功させる秘策とは?」
第4回「今どき小学校PTA役員の攻略法を伝授します!」
第5回「働きながらの育児、ぶっちゃけここが大変!」
第6回「あなたの周りの超過保護ママ!」

著者プロフィール

ママ向けファッション&ライフスタイル誌などを中心に活動中の30代半ばのライター。3才の男児の母。

300_250

フォローで最新情報をお届け!

関連記事

新着記事