ちょっと気になる受験のコト
関西

小学校受験中の方必見!合格者に聞くお受験成功4つの秘訣

小学校受験中の方必見!合格者に聞くお受験成功4つの秘訣

仏教の教えを日々に生かしながら、生きる力のある「人」を育む、がモットーの洛南高等学校附属小学校は、関西でも屈指の進学校です。今回は、こちらに通うIさんに、幼稚園・小学校受験のパイオニア「伸芽会」の協力のもと、家庭学習や受験スクール活用法など、合格の秘訣を詳しくお聞きしました。受験まっ只中の方も必見です!

その① 信頼できる受験スクールを選ぼう!

志望校決定が遅かったので、はじめは準備不足に対する焦りと学力の伸びが間に合うのか不安でした。
でも、スクールに通い出して子どもがとても楽しそうにしていたこと、またどんなときも、こちらをせきたてるような言い方をせず、温かい目で見守ってくれる先生方を親子で信頼し、お任せしてついていこうと決めました。

その結果、活き活きと自身を持って勉強に取り組め、成績も飛躍的に伸び、お行儀面もずいぶんよくなりました。特に、夏合宿では自立心と自身が芽生え、その後の学習に大きくプラスになったと思います。

その② 朝1時間の早起きで質の高い家庭学習時間を確保

夏休みまでは、毎朝1時間早起きして全分野を少しずつ取り組みました。
夏休みは、苦手分野を中心に時間をかけてじっくりと基本から応用までを一気に勉強しました。

苦労したのはその学習環境を作ることです。弟がいるとなかなか集中できないので、まだ弟が寝ている早朝と、休みの日は主人や両親に協力してもらい時間を確保して勉強していました。

その③ 成功の秘訣は家族みんなのモチベーション維持!

子どもも親も気持ちが常に前を向いて安定して勉強できたことが、合格への近道だったと思います。受験スクールの先生と随時、面談や電話などで個別に相談できる状況がとても安心できました。
また、家族全員で高いモチベーションを維持して全力で頑張ることも大事です。親の本気は子どもに伝わると実感しました。
焦らずゆったりと、締めるときは締めつつ、というメリハリが大切だと思います。

その④ 結果がどうあれ受験を楽しむくらいの余裕を持って!

私たちが常に念頭に置いていたのは、「結果がどうあれ、終わったときに受験をしてよかったと思えるようにしよう」ということです。
受験勉強をする中で、親として、自分の子育て、これからの方向性などたくさんのことを考え、悩み、葛藤してきましたが、それは必ず今後の子育てに活きてくると思います。
また、子どもの成長度合いや可能性など、今まで気づかなかったいい面にもたくさん気づき、感動させられるいい経験になりました。

 

いかがでしたか? 小学校受験は受験スクールの先生や家族の協力や絆といった、チームプレーが欠かせないようですね。
また、受験スクールに通うことで、子どもの新たな一面を見出してくれるというのも驚きでした。「結果がどうあれ、終わったときに受験をしてよかったと思えるようにしよう」という構えた気持ちが成功につながるんだなと感じました。

著者プロフィール

フリーランスのライター・エディター。出版社勤務を経て、現在は女性誌やライフスタイル、ママ向けのweb媒体などで活動。tend.jpでは、ママ目線を生かした子育てに役立つ情報を発信中。2015年に保育士資格取得。

300_250

フォローで最新情報をお届け!

関連記事

新着記事