子育てのコト
子育て

4歳児は心が揺れている!「4歳の壁」の正しい対処法とは?

4歳児は心が揺れている!「4歳の壁」の正しい対処法とは?

よく知られているのが「小1の壁」「小4の壁」ですが、「4歳の壁」があるのをご存知でしょうか?

なぜ4歳の壁が発生するのか、そのとき親はどう対応したらいいのか、子育て心理学の側面から解説していきたいと思います。

小1、小4の壁とは違う、4歳の壁の存在

・最近、あらゆることにこだわりがすごくて、母親としてついていけない
・さっきやりたいと言っていたのに、もうやりたくない。気分がころころ変わって困る
・これまでは怖いもの知らずだったのに、急に物怖じするようになった

このような変化が見られるのが4歳のころ。親にとって理解しがたい行動の数々に、強く叱ってしまって自己嫌悪、さらには、わが子を「可愛くない」と思ってしまうことも……。

実は、これは「4歳の壁」と言われるもの。子どもの壁といえば、小1や小4がよく知られていますが、それらが条件の変化(仕事と育児の両立が困難など)で起こるのに対し、この「4歳の壁」は、子どもの精神的成長に伴って表れる壁として知られています

日本のママに4歳の壁が立ちはだかる理由

ママがこの時期のわが子の変化に戸惑ってしまう背景には、日本の根強い3歳児神話(*)が関係していると思われます。

日本の育児は、3歳までの時期に重きを置くため、その直後にやってくる4歳の壁に「ここまでしっかりやってきたのに、どうして?」という思いが強くなります。わが子のわがままや物怖じする様子に、「これまでの接し方が間違っていたのかも……」と自己嫌悪に陥るママも少なくありません。

しかし、前述したように、4歳の壁は、子どもたちが新たな発達段階に差しかかったことで起こります。子どものせいでもなく、ママのせいでもないのです。ママが自らの育児を振り返ることは大事ですが、やみくもに自分を責めてしまうのはNGです。

*3歳児神話とは、「子どもが3歳になるまでは母親が子育てに専念すべきであり、そうしないと成長に悪影響を及ぼす」という考え方のこと。すでに、1998年の厚生白書で「合理的な根拠は認められない」とされているが、いまだに根強く残っていると言われている。

4歳の子の心が揺れる理由とは?

では、なぜ4歳の壁は発生するのでしょうか? それには、認知能力の発達が関係しています

4歳を過ぎると、大脳の発達が進むことで、時間軸や空間軸への理解が深まっていきます。それまでは、「現在中心」「自分中心」だった思考が、

・「昨日こうだったから、明日もこうなるだろう」と過去、現在、未来を想定することができるようになったり、
・「〇〇くんは大丈夫かな?」と他者の気持ちを配慮しはじめたり、

と認知的に大きな成長を遂げます。

しかし、脳や心が急速に発達する過程で、その内部の変化に戸惑いを感じる子もいます。そして、その興奮状態の処理がうまくできないと、グズったり、暴れたり、泣いたりしてしまうことがあるのです。

4歳の壁は逆戻りではなく、成長の証

この変化を外側から見ているママからすれば、まるで成長が逆戻りしているように感じられることもあります

「前よりも、落ち着きがなくなった」
「3歳のときの方が、もっと我慢ができたのに」
「最近、自立心が後退して、甘えん坊になったかも」

こう感じるママも多いでしょう。メンタルリープやイヤイヤ期もそうですが、心の急成長期というのは、内部で起こっている変化のため、外側からは見えにくく、誤解を与えやすいのです

とくに4歳の壁というのは、イヤイヤ期ほど知られていませんから、ママが、「3歳を過ぎたからもうお兄ちゃんだ」と思い込んでしまうと、その大事な成長を見落としてしまうことに……。

4歳の壁は脳の成長がその子の心に葛藤をもたらす現象だ」と記憶しておけば、その逆戻りを「成長している証」と受け止めやすくなります。

4歳だからこそ、ママが気をつけたいこと

4歳になって幼稚園に行きはじめると、母子が離れて過ごす時間が増えるので、ママは、「ここで育児がひと段落」と思いたくなります。でも、本当は、育児に区切りなどありません。

わが子はずっとわが子のままであり
ママもいつまでもママのはず

気づかぬうちに、区切りをつけてしまっていた自分に気づくこと、それが一番の「4歳の壁」の対処法と言えるでしょう

「3歳児神話」による影響もあり、ママの育児観が大きく変わりやすいのが3歳と4歳の間。わがままになったわが子を何とかしようと思うよりも、まずは自分の育児観が変わっていないかをチェックしてみてください。

大きく成長し、自立したように思えるわが子の姿は嬉しいものですが、実際にはまだまだ成長の真っ最中です。壁にぶち当たると、ママのところに戻り、甘えることで不安を解消し、その壁を乗り越えていきます

「4歳になったから、もうすっかりお兄ちゃん」と区切らずに、「いつでも戻っておいで」と腕を広げて待ってあげましょう。

著者プロフィール

フランス・パリで育児支援サイト「ポジカフェ」を立ち上げ、育児コンサルタントとしての活動をスタート。現在、オランダにて、ポジティブ心理学をベースにしたストレス診断や育児相談などを実施中。著書に「子育て心理学のプロが教える輝くママの習慣」など。

300_250

フォローで最新情報をお届け!

関連記事

新着記事