子どもの学びのコト
学び

なぜ、リビングで学習する子どもは伸びるのか?

なぜ、リビングで学習する子どもは伸びるのか?

数年前からTVや雑誌で取り上げられているリビング勉強法、確かに周囲を見渡すと、学習能力を含め、生きる力を伸ばしている子どもはリビングで勉強したという声をよく耳にします。なぜ子ども部屋でなく、リビングなのでしょうか…。その理由からリビングを上手に活用する方法を考えてみましょう。

家事をしながら子どもの様子を把握できる

保育園や幼稚園に通う年代の子どもにとっては、見るもの、聞くもの、触るものなど五感を刺激するものすべてが学習に繋がります。何かを不思議そうにじっと眺めていたり、静かに何かの音を聴き入っていたら、それは興味を抱いている証拠です。親はそれに対し、さまざまな角度から説明し、教えてあげてください。子どもは親との会話を積み重ねることによって、知識を深めていきます。

親の褒め言葉=子どもの原動力

親に褒められたい、認められたいという気持ちは、学習への取り組みの原動力と大きな意欲に繋がります。また褒めるときはできるだけ具体的に“何がよかったのか”ということを伝えてあげましょう。具体性があるほうが子どもにとってもわかりやすく、また褒められた喜びは倍増します。

リビングは学びのタネの宝庫

リビングでは子どもの学びになるさまざまな刺激が多くあります。また、「どうして」の疑問や、学習への意欲向上に結び付く気持ちに、親が直ぐに応えることができます。

親が子どもの変化にすぐ気づける

子どもが沈み込んでいたら、親はその微妙な変化に気づき、声をかけることができますね。「どうしたの?」と子どもの心に寄り添い、声をかけてあげるだけでも子どもの不安は和らぎ、親子の絆も深まります。

リビングを学習しやすい環境に整え、上手に活用しましょう

リビングで学習をする場合、マンガやゲームなどは目の届かないところに置き、アルコールなど学習にそぐわないものを配慮する気遣いも忘れないようにしましょう。

子どもが学習に取り組みやすい条件がリビングでは多く揃っています。
リビングを上手に活用し、子どもの学習と親子の絆をより深めていきましょう。

著者プロフィール
田宮 由美

  「順調に育っている子どもが、思春期になって心が折れ、引きこもりになってしまった。」という母親からの痛切な相談をきっかけに、それまでの教育現場での勤めを辞め、「子育てにおいて最も大切な事」を広める活動を始める。
幼児教室の指導者、公立・小・中学校でのさまざまな立場からの勤務を経て、2010年に独立。PHP出版「のびのび子育て」や奈良新聞社「小学生新聞」などに多数の執筆、幼稚園や教育委員会後援の講演会で講師を務めるなど現在は執筆、講演を中心に活動を行っている。 

著書に「子どもの能力を決める0歳から9歳までの育て方」(株)KADOKAWA出版。 
長男は現役で国公立医学部入学。  携わった仕事と自らの子育てをもとに行うアドバイスが、親と子の気持ちに寄り添い、実生活に落とし込んでいることで定評がある。

300_250

フォローで最新情報をお届け!

関連記事

新着記事