子育てのコト
【連載】ワーキングマザーという選択
子育て

効率が良いのはどれ!?共働き夫婦のスケジュールシェア術【ワーキングマザーという選択 第4回】

効率が良いのはどれ!?共働き夫婦のスケジュールシェア術【ワーキングマザーという選択 第4回】

毎日が分刻みで過ぎていく大忙しのワ―ママたちは、子どもの行事や家族の予定を短時間で効率よく家族とシェアしたいもの。「言った」「言わない」で夫婦喧嘩する時間はもったいない!
そこで、賢いママやパパが実践している最新のスケジュールシェア術をご紹介します!

理想は夫婦で週に一度のカフェミーティング!

働くママ&パパ30名にアンケートをしたところ、毎日夫婦で話す時間はLINEやメールも含んでも「平均1時間半」という結果が出ました(SHINGA FARM編集部調べ)。
もちろん、朝ごはんや夕食時に話すというのもありますが、大事なことはメールかLINEで残す、というのが主流のよう。

その理由を聞いてみると、
子どもの送り迎え、園の行事、家族のイベントなどで言ったいわないでもめた
というのが圧倒的でした。

「基本的な連絡事項はLINEですが、週に一度、子どもを早めに保育園に送り、30分だけでも夫婦でカフェミーティングする時間を作っています。そこで、今週の予定の確認や仕事の悩みなんかも相談しています(30代・アパレルPR)」というママも。
確かに、LINEのみだと味気ないし、子どもが一緒だと二人でゆっくり話すこともできませんからね。仕事の定例会議のように、夫婦の話し合いの時間をルーティン化してしまうのもひとつの手かもしれません。

すべては夫婦の役割を可視化することからはじまる!

「お互い仕事をしているのに、家事と育児もなんで全部私なの?」でも、パパは「自分なりにはやっている」と言います。これがワ―ママが爆発する一番の地雷といっても過言ではありません(笑)。そこで、最近ネットなどでも話題になっているのが夫婦の役割を可視化すること。

「エクセルで夫婦の役割を書き出してから、100均に売っているホワイトボードとマグネットで夫婦の分担を図にしたんです(着替え、朝ごはんの準備、食事の世話、保育園の準備、送迎、ごみ出し、お迎え、夕飯、お風呂、寝かしつけ、片付けetc.)。そうしたら、一目瞭然で私の方が項目が多くて。
それを見て主人も率先して家事や子どもの世話をやってくれるようになったんです。感情的にイライラしては伝わるものも伝わらないんですね(20代・企画)」というママも。

ママが爆発してしまう前に、夫婦で一度役割分担を可視化して現状を共有してみるといいかもしれませんね。

ITパパはアナログ&デジタルのいいとこどりが主流!?

お次はIT業界で働くパパたちにインタビューして、おすすめのスケジュール調整ツールやアプリを教えていただきました。
やはり圧倒的人気だったのがgoogle カレンダー。

「奥さんが使いこなせないと言っていたんですが、お正月にじっくり使い方をレクチャーしたらとっても使いやすくて。お互いにスマホやパソコンからスケジュールを書き込んだものを共有できるので、子どもの予定はもちろん、飲み会なんかもそこに書き込んでシェアします(30代・システムエンジニア)」。

さらに、印象的だったのが、アナログなカレンダーとのW使い。

『くまのがっこう』という絵本のキャラクターのファミリーカレンダーがおすすめ。わが家は2冊目になりますが、家族の予定、個人の予定を横軸で書いていけるから、子どもが保育園、小学校と複数いても混乱せずに見やすいんです。イラストも可愛いし、リビングの目立つところに貼って食事をするたびにチェックして、google カレンダーと併用して確認しています(30代・システムエンジニア)」。

アプリとしては、コミュニケーションツールの「Couples」というカップル向けのアプリを夫婦で使用しているという人も。
「写真もシェアできるし、LINEのようなメッセージ機能もあるし、結婚記念日なんかのイベントも登録しておけば勝手に教えてくれるので便利です(30代・IT営業)」。

写真や動画を家族で共有できるアプリ『みてね』も便利です。閲覧者が設定が出来るので、招待した人しか見られません。
また、アップした写真にはそれぞれがコメントできるので、パパが見られない日中の子どもの様子や遠方のじいじ、ばあばともイベントごとを家族で共有できます。動画を20本以上アップしたら自動で編集してくれる動画アルバムも楽しいですよ。容量無制限なのでついついアップしてしまいます。仕事で疲れたら見ると癒されますよ(30代・IT営業)」。

▼『みてね』公式サイト
https://mitene.us/

最後に、パパたちのインタビューからはこんな声も。

・男は二つのことは同時にはできない。だからテレビを見ているときの空返事は聞いていないと思って欲しい
・ママはいつも本当に大変だと思うから、たまには友達と夜出かけたりもっと羽を伸ばして欲しい(その裏には、自分も夜たまには飲みに出かけたいという思惑も…)
・パパだってやればできるから、もっと任せてみて欲しい

パパたちからは「ママはもっと出かけていいんだよ、パパだってやればできるんだよ」という意見が多かったのが印象的でした。
ママたちは「パパはできないから」と頼るのを諦めてひとりで頑張りすぎている部分があるのかもしれませんね(そっちの方が楽だからという意見もあるのでしょうが…)。感情的にならずに家事や育児を冷静に可視化して分担していくのがポイントのようですね。

▼【連載】ワーキングマザーという選択
第1回「ママが働いていることは、子どもの発達にマイナスか?」
第2回「ママたちの深刻なストレスにどう対処する?」
第3回「2016年のキーワードは「ほったらかし」!? 今どき“ラク家事”家電の選び方」

著者プロフィール

フリーランスのライター・エディター。出版社勤務を経て、現在は女性誌やライフスタイル、ママ向けのweb媒体などで活動。tend.jpでは、ママ目線を生かした子育てに役立つ情報を発信中。2015年に保育士資格取得。

300_250

フォローで最新情報をお届け!

関連記事

新着記事