子育てのコト

泣く子も黙るスマホの威力、どこまで頼っていい?

泣く子も黙るスマホの威力、どこまで頼っていい?

今や、私たちの生活の必需品となりつつあるスマートフォン。子育てにも、「スマホ育児」が広まりつつあります。

しかし、その悪影響を心配する声も聞こえてきます。「寝かしつけにYouTubeを見せたら習慣化してしまった」「ゲームを止められない」のような子どものスマホ依存。

「SNSをチェックしないと取り残された気分になる」「心配なことはすぐにスマホでチェックしてしまう」とママのスマホ依存。

便利だけど不安もある「スマホ育児」について、何がOKで、何を避けるべきかをまとめてみました。

2歳で半数以上がスマホ経験あり!?

2017年2月6日に「子どもたちのインターネット利用について考える研究会(子どもネット研)」が発表した「スマホ育児」に関する調査で、「効果てきめん、でも心配」という親の複雑な気持ちが明らかになりました(対象:0~6歳の子どもを持つ保護者1149名)。

その調査によると、子どもがスマホなどのネット機器を利用している割合は、0歳が22%、1歳が42%、2歳で半数を超え56%。以降、3歳が60%、4、5歳がともに63%、6歳が74%と年齢を追うごとに利用率が伸びていくという結果となりました。小学校に上がる前に、4人に3人の子が、スマホなどに触れる生活をしていることになります。

ママと子どもの「win-win」状態がスマホ育児を加速させる

なぜ、これほどまでに「スマホ育児」が広まっているのか? その理由は、期待通りの収穫があるからです。

先の調査結果でも、スマホを使う理由として、「子どもの機嫌が良くなる(54%)」「親の手離れの時間ができる(40%)」が挙げられています。ママもハッピー、子どももハッピーと「win-win」の状態がもたらされるため、繰り返されやすいのです。

しかし、心の中では、「これでいいのだろうか?」と不安の声も渦巻いているようで、この調査でも、約9割の親が、何らかの懸念を「スマホ育児」に抱えているということが見出されています。「便利だけど、心配…」これが、スマホ育児の現状であり、ママたちは、どこで線を引くべきかを迷っているようです。

知っておきたいスマホ育児3つのデメリット

筆者はこれまでに、子どもの心理発達をテーマにした執筆をしてきました。その中で、現代ならではのテーマ「ネット機器×子ども」についても数多く取り上げてきました。それらのデータを総合して言えるのは、「後々、ママ自身の首を絞めることになる使い方はしない方がいい」ということです。

その主なものを3つ挙げたいと思います。

その1 寝る前のスマホ使用

アメリカ・コロラド大学の子どもの睡眠問題に関する研究で、子どもの睡眠リズムと「メラトニン」というホルモン量の関係が指摘されています。このメラトニンは、夕方暗くなると上昇し、朝起きると下がる、いわば「睡眠用ホルモン」です。

子どもが上手に寝つくためには、メラトニンが上昇している必要があるのですが、夜寝る前にスマホなどのスクリーンにさらされると、せっかく夕方以降上昇していたメラトニンの分泌量が減ってしまい、結果として、寝つけないなどのトラブルに発展します

よく寝る前にはテレビを見ないほうがいいと言われますが、それはテレビの内容で興奮するからだけでなく、光によるホルモンへの作用もあるわけです。

その2 暴力シーンを含む動画視聴

2012年のイギリス心理学会の発表によれば、暴力シーンを含む動画は、子どもを攻撃的にする傾向があるのだそうです。とくに、

・低年齢の子どもたちほど、影響を受けやすい
・見た直後の思考や感情に変化が起こりやすい
・攻撃的な行動や怯えた行動を示しがちになる

というデータが出ています。まねが得意な子どもたちは、どんなことも吸収しやすいと言えます。

その3 ゲームへの依存症

小学生になって、勉強が本格化してくると出てくる悩みが「ゲームばかりして、宿題に取りかからない」というもの。2011年に内閣府が行った「青少年のゲーム機等の利用環境実態調査」によると、小学生の94%がゲーム機を持っているのだそうです

幼少期からのネット機器との接点が、このきっかけになっていることは言うまでもありません。たばこやお酒のように、ゲームには強い依存性があることが分かっており、とくに男の子に多い傾向があるようです。

メリットもある「スマホ育児」、2ステップで上手に活用しよう!

上に挙げた3点は、クセになってしまうと、結果的にママが困ってしまうものばかり。「寝てくれない」「すぐに叩く」「宿題をやってくれない」などの悩みを抱えないためにも、スマホ育児のメリットとデメリットを見極めて、賢く利用していきましょう。

ステップ1:デメリットを減らす働きかけをする

・スマホの使用時間を決める
・動画の連続再生モードをオフにする
・視聴コンテンツは親が管理する

とくに時間管理は非常に大事です。30分と決めたら30分(タイマーを使うのも可)、1話と決めたら1話。それを守れなかったら、「翌日の1回はナシ」のようにルールを決めましょう。

子どもにルールを課す分、ママも自己管理をする必要があります。寝る時間になったら、スマホはコンセントに接続したり、電源をオフにしたりして、物理的に使えない状態にし、子どもが納得しやすい「スマホなし育児」の環境を整えましょう。子どもにはダメと言って、自分だけ使っていては、いったん習慣化してしまったお子さんのクセを抜くことは困難です。

光を落とした中で、「お目々を閉じた子には、ママがお話を聞かせてあげる」のように、アナログでできる方法へとスイッチしましょう。切り替え時は、お子さんの抵抗にあってママはひと苦労ですが、後々、必ず楽になってきます。

ステップ2:メリットを享受する働きかけをする

・自制心を養う場と考える
・共有体験でアタッチメントを強化する

「ゲームを1回で切り上げる」「ママに言われたらちゃんとスイッチを切る」このような行動は、強い自制心がないとできません。スマホもメリハリをつけて上手く使えば、立派な「自制心育成の場」になってくれます

また、スマホでの共有体験は、アタッチメントを促すことが期待できます。アタッチメントとは、親子間の精神的な絆のことを指します。

「それなら使わない手はない!」という気になりますが、実際には、一緒に座って仲良くスマホ動画、というわけにはいかないママが多いでしょう。なぜなら、多くのママが、家事の時間を確保するために、スマホを活用しているケースが多いからです

そういう場合は、家事をしながら関わるようにすればいいと思います。たとえば、動画のお話の筋に合わせて、「なにが出てくるんだろうね~」「ママ、ドキドキしてきた」「どんな顔のおさるさんなの、こっち来て見せて」など、キッチンから声をかけることもできます。

今の時代、周りに頼れる人もいなくて1人でほぼ100%の家事、育児を担っているママは多いもの。そんなとき、賢くスマホを使えば、気持ち的にも時間的にも楽になります。大切なのはメリハリです。スマホ育児は便利さだけを追求するとデメリットばかりが強化される傾向があるので、そこをきちんと意識しながら、「スマホ育児」のメリットを上手く活用してみてください。

著者プロフィール

ポジティブ育児研究所 代表 & 育児相談室「ポジカフェ」主宰。
イギリス・レスター大学大学院修士号(MSc)取得。オランダ心理学会(NIP)認定心理士。現在は、ポジティブ育児研究所でのママ向けの検定事業、育児相談室でのカウンセリング、メディアや企業への執筆活動などを通じ、子育て心理学でママをサポートする活動をしている。著書に「子育て心理学のプロが教える輝くママの習慣」など。HP:http://megumi-sato.com/

300_250

フォローで最新情報をお届け!

関連記事

新着記事